CHIROPRACTIC INFORMATION

 
管理人の著作

角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
 主要な体のゆがみである悪い姿勢と腰痛・肩こりなどの症状との関係を具体的な症例から解説。簡単にできる姿勢矯正エクササイズを詳細な図解入りで紹介。
管理人の治療室リンク
管理人プロフィール
 
 
   TOPページに戻る
 このサイトについて

カイロの基礎知識を楽しく紹介
 カイロプラクティックとは?
 カイロと背骨の関係
 体のゆがみとは?
 体のゆがみと症状
 ゆがみの原因 生活習慣
 ゆがみの原因 姿勢

 骨ポキポキ治療の解説
 カイロ治療の手順
 カイロ治療室の見分け方
 カイロの多様な治療法

チェックするだけで結果がわかる
 体のゆがみ部位チェック
 体のゆがみ度チェック

腰痛に関わる情報
 腰痛とカイロ治療
 ヘルニアとカイロ治療
 腰痛改善エクササイズ
 正しい物の持ち方
肩こりに関する情報
 肩こりとカイロ
 肩こり改善エクササイズ
 頭痛とカイロ治療

その他の症状とカイロの関係・エクササイズ
 冷え・むくみのカイロ治療
  冷えむくみエクササイズ
 四十肩とカイロ治療
  四十肩エクササイズ
 不定愁訴とカイロ治療
 美容とカイロ治療


現在43のみなさんの質問に回答済
 あなたの疑問にお答えQ&A
カイロに関わる多様な情報
 世界のカイロ情報
 カイロいろいろ用語集
 カイロ・アンケート結果

  管理人の治療室紹介
 
 
   カイロの歴史
 カイロと整体の違い
 カイロと予防医学
 自然治癒力を高めるには
 自律神経の働きを整えるには
 「からだ」と「こころ」の関係
 エクササイズのススメ
 エクササイズの種類

 リンク
 ちょっと一言(コラム)

 
 

椎間板ヘルニアとカイロプラクティック治療

※コンテンツを紙芝居形式で見る
 椎間板ヘルニアは重度の腰痛をひきおこします。
強度の椎間板ヘルニアになると、たいてい外科的治療を勧められます。
でも、ちょっとまってください!!
 外科的治療は体へのリスクが高く、しかも、必ず腰痛が改善されないケースも多々あるのです。
 まず、リスクの少ないカイロプラクティック治療を受けてからでも遅くはないはずです。ここではカイロプラクティックの視点から、ヘルニアの原因と治療法について紹介したいとおもいます。

ヘルニアで多い症状は、腰から足にかけてシビレがおこる事。
椎間板ヘルニアの基本的知識
 椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が、なんらかの原因で傷つき、その内容物が外にはみ出る事をいいます。このはみ出た椎間板が、腰の神経を圧迫する事により痛みがおこります。
 詳しくは、以下のサブトピックをごらんください。
「椎間板ってなに?」
 では、なぜ椎間板が外にはみでてしまうのしょうか?
椎間板ヘルニアになる原因
 ある日突然、椎間板ヘルニアになる事はまれです。
 ほとんどのヘルニア患者は、以前から慢性的な腰痛をもっています。慢性的な腰痛は、椎間板につねにストレスをかけ続けていて、少しずつ椎間板を破壊していきます。
 破壊がある程度進むと、ヘルニアの症状が発症します。
 つまり、椎間板ヘルニアは一朝一夕でおこるものではなく、長期的な腰へのストレスに起因している事が多いのです。
椎間板を傷つける動作とは?
 腰へのストレスは、日常生活習慣に起因している事が多いと思われます。
 椎間板が、もっとも障害されやすい動作は、身体を回す動作とかがむ動作といわれています。以下の動作を日常的に行う人は注意が必要かもしれません。
・家事で腰の上げ下げが多い
・食器洗いなどで、中腰姿勢をとり続ける
・ゴルフなどの腰をひねるスポーツの趣味をもっている
 日常生活でこういった動作を繰り返していて、慢性腰痛をもっている方は注意する必要があります。
体のゆがみは椎間板ヘルニアをおこす

 体のゆがみがあると、当然椎間板に強い負担をかけます。
 特に体のゆがみが長期化した場合、ヘルニアの危険度は高くなります。
 前記した日常生活習慣と体のゆがみがプラスされると、さらに危険度は高くなるでしょう。

椎間板ヘルニアの原因「悪い姿勢」
 そして、もう一つ大きなヘルニアの原因が「悪い姿勢」です。
 特に、腰が反り返っている姿勢(お腹を前に突き出している姿勢)は、骨の関節と椎間板に強い負担をかけます。
 又、逆に座ってる方などに多くみられる背中を丸めた座り方も、ヘルニアを引き起こす原因になります。腰を丸めすぎると椎間板の内圧が高まる為です。
「姿勢インフォメーション」
カイロプラクティックによるヘルニアの治療
  椎間板ヘルニアの治療は、カイロプラクティック治療における大きなテーマである為、色々な研究が行われています。これらの研究の結果から、カイロプラクティック治療は初期の椎間板ヘルニアに対し高い効果がある事がわかってきました。ただし、重度のヘルニア(椎間板はみ出しが大きい)場合はあまり効果がないともいわれています。

 私が勧めるのは、まずカイロプラクティック治療を受けられて、それで効果がなければ他の治療法を選択するという方法です。正統なカイロプラクティック治療ならば、身体への侵害性はほとんどあません。それに比べて他の治療法、特に外科的治療法は高い侵害性があります。まずはリスクが少ないカイロプラクティック治療を5〜10回受けてみて、それで効果がなければ、リスクは大きい治療に移行していく方が良いでしょう。
 身体に傷をつける前に是非、カイロプラクティック治療を試してほしいというのが、私の意見です。
具体的なカイロプラクティック治療
 カイロプラクティックのヘルニア治療は実に様々です。それだけ、いろいろな治療法が研究されているという事ですね。
 ここでは、私がるもっとも安全性が高く効果が高いと考えている治療法を紹介しましょう。
 まず、背骨のゆがみを改善します。この事で傷ついた椎間板へのストレスを緩めます。姿勢が悪い場合は、合わせて姿勢矯正を行うと良いでしょう。
 次に椎間板の組織を元に戻すためのエクササイズを行ってもらいます。このような治療を痛みの出ない範囲で無理せず行います。
治療回数は?
 治療回数は、全体として5〜10回ぐらいが目安だと思います。効果が早い場合は、最初の2、3回で効果が現れます。すぐに効果があらわれないからといって治療をやめるのではなく、ある程度の治療を受けられてから結論を出される事をオススメします。
もし、15回以上、治療しても効果があらわれない場合、残念ながらカイロプラクティックでは効果がないと考えるのが妥当かもしれません。
 他のカイロプラクティック治療室を選択するか、他の医療機関を受けられる事をオススメします。

▲TOP画面へ  次のコンテンツへ→